ドリルや問題ばかりをさせているお母さん!

スポーツだってそうでしょう。
試合ばかりすることはないでしょう、その前にたくさんのいろいろなトレーニングをして、ようやくレギュラーとして試合に臨めるようになるのです。
ドリルやプリントの問題は試合と同じ。

数の論理、空間の把握、思考力という試合前の訓練をしっかりとこなしましょう。

適格な学具を使って、原理をしっかりと正確に順序正しく理解させることが、まず第一です。

そして問題を解くだけの理解が出来ているかどうかを検証するためにドリルをさせることが必要になるのです。すらすら解ける様になっていれば、同じ様な問題をたくさんさせるのではなくて、レベルをアップしていきます。

その為の原理をまた指導して、レベルを上げた問題を解かせてみて下さい。

そうして、ジリジリと力を養いつつ上昇して行くのがコツです。

やさしい問題をたくさんさせて花まるをつけるという方法をとっていると、むつかしい問題に食いついて来ませんからご注意下さい。