お客様の声

天地パズル教具お手本集セット
  • トモ 様
  • 投稿日:2020年02月20日

年中男の子す。まだ始めたばかりですので、お手本を見るより天地パズルの箱に書いてある図を見て枠に入れる方が楽しいようです。タングラムよりピースが1つ多いから難易度が高いのでしょうか。

  • 空 様
  • 投稿日:2020年02月18日

自営業で習い事などには連れていけないので、自宅で取り組めるものを探していました。
正直教えることが出来るかなと心配になりましたが、回を追うごとに少しずつ理解し出来るようになっているので驚いております。小学校に入る前から始めて本当に良かったと思います。

  • tetsu Y 様
  • 投稿日:2020年02月17日

5歳年中から始めました。
数字が苦手で理解させるのに苦労していますが、一回毎になっているので、使いやすさは抜群です。
手先が器用なのにひも模様が出来ないのは、私の働きかけの悪さかと思います。
工夫しながら苦手意識を持たせないように取り組んでいきます。

  • ゆきっぷ 様
  • 投稿日:2020年02月13日

自分からもう1回もう1回と楽しんでいます。
同じ数を線で結ぶのを理解し、以前よりも筆圧が強くなり線、丸を描くことが好きになったようです。
最近では自信がついてきたのか自分でどんどん進んています。
自分から進んで「やりたい」という気持ちがあるのが嬉しいです。

マグ・プレート教具お手本集セット
  • I.P 様
  • 投稿日:2020年02月12日

商品を購入してレビューを書きたいと初めて思いました。
裏に磁石がついているので、パズルをなくしにくくなっている点が気に入っています。
外食の時は、どんなおもちゃを用意しても椅子に座り続けていることが難しかったのですが、マグ・プレートを渡すと椅子に座り熱中しております。
楽しいパズルをありがとうございます。

  • べにすずめ 様
  • 投稿日:2020年02月08日

ピグマリオンのこの通信講座について始めて良かったと思っております。
きちんとした理論に基づいて、こどもたちに純粋に算数の面白さを伝えようとする、御社のまっすぐな姿勢に共感しております。
指導という面で至らないことが多い私なので、今後も教材に関する質問などさせて頂くかもしれませんが、どうぞご指導のほど、よろしくお願い致します。

  • JERRY 様
  • 投稿日:2020年02月06日

4歳4ヶ月の息子にと購入しました。幼稚園に入園してから市販の運筆ドリルやひらがな練習ドリルを購入して取り組んでいたのですが、楽しんでる様子は一切ありませんでした。「これ、腕が疲れるからやりたくない!」と言われ、何か楽しんで学ぶことが出来る教材はないかネットで探していたところ、こちらのホームページに辿り着きました。
値段を見てはじめは購入するのを躊躇しましたが、下の子もいるし2人で使うことを考えれば安いと思い、思い切って購入しました。結果、大変満足しています。
机に座って作業することすら大嫌いな息子が「もっとやりたい!」と言った時には本当に驚きました。
知育玩具を購入しやらせても考えるものだったりすると急につまらなくなり辞めていたのに、ピグマリオンの教材は途中で投げ出すことなく喜んで最後まで取り組んでくれます。
本当に感謝しています。
下の子にも早く取り組める日が待ち遠しいです。

  • 王子 様
  • 投稿日:2020年02月06日

まずは伊藤先生のDVDを見て、私が勉強することから始まりました。
私自身が算数が苦手、数学が苦手で、ずっと付いて回り、高校受験も大学受験も数学が私の足を常に引っ張ったことから、子どもには少なくともそういう思いをさせたくない、好きだと思えるくらいになってほしいと思ったのが、ピグマリオン教材を購入させて頂いたきっかけです。
DVDの解説は親切でわかりやすく、これがなくてカリキュラムだけだったとしたら、私はうまくレッスンができなかったと思います。

ピグマリオンのレッスン自体は好きなようで、色塗りや色紙を私が出してくると、いつも喜んで取り組んでいます。
色塗りだけをとっても、最初は雑でしたが、色むらがないように塗ろうねと声をかけていくうちに、綺麗に塗れるようになりました。今ではすごく丁寧に綺麗に塗れるので、プレスクールの先生やお友達のお母様からも褒められます。
色々なことが段々とできるようになってきましたので、これからも子供のペースで進めていきたいと思います。

thk2-f.jpg
  • あんず 様
  • 投稿日:2020年02月02日

ほぼ毎日プリントをしています。
おかげさまで、自学自習をする癖がついたようです。
学校で困ることなく、授業が楽しいと本人も言っています。

  • keeto 様
  • 投稿日:2020年01月30日

第2グレードの購入から3ヵ月目に入ったところです。初めはどのように進めたらよいか分かりませんでしたが、親子カードやさいころで遊んだりするうちに息子もピグマリオンの存在を受け入れ始め、最近ではプリントを嫌がらずにするようになりました。
保育園に通わせており、平日はなかなか時間がとれません。ちょっとした時間や土日も使って毎日少しずつ進めております。
ヌマーカステンは玉を投げたり転がして遊ぶ始末で、学びに結びつけるのが中々難しいです。
足し算問題を出すと、引き算もしてほしいと言ったり、10までの数で問題を出すともっと大きい数でして、と身の丈に合わないことを言い出します。できるかぎり付き合いますが、まだ「7」「9」の理解が不十分だと感じます。
図形パズル類は、色板トントン…嫌いではないけれど、枠に合わせることに慣れていないためか、ピースをどのように置いたらよいか戸惑っている様子。
天地パズル…発想の転換が必要な(大人でもちょっと考える)課題は、トライするものの壁にぶつかります。それでも色板トントンよりも粘り強く取り組んでいます。課題を離れてピースを動かしていろいろな物の形を想像するのを好みます。
知力問題…今のところ特に問題なく進んでおります。絵描き歌や切り絵はとても楽しんでおります。
積木はプリントを見ながら、形どおりに積むことから始めております。
数や計算問題は、まだまだ練習が必要です。保育園への行き帰りなどに普通に話をしながら、時々計算問題を出しています。計算することに慣れてくれたらと思っております。

ページトップへ