ピグマリオン

カート

ピグマリオン

TOP 》ピグマリオンとは 》ピグマリオンとは

ピグマリオンとは?

ピグマリオンって何?

楽しくて面白いピグマリオン

ピグマリオン学育とは、ピグマリオン学育研究所所長 伊藤恭が、教室での長年の指導現場から、どんな学材が子どもたちを効果的にレベルアップできるかを察知し、子どもたちの発達の順番に実に巧みに編成した、他に類を見ないほどの幼児学育学材群です。
ピグマリオンの学びは 詰込みや暗記の「教える」方式とは違って自発的・自立的に「学ぶ」力を身につけさせることに主点を置いた教育方法なのです。

スーパーピグマリオンの学材群だけが、年少下から中学受験突破までの実力が付く唯一の連続学習幼児学材です。
ですから、大きな学習成果になるのです。

世界の状況がどんどん変化しています。今まで以上の「知力」の競い合いになって参ります。

上位10%以内に入って立派に生き抜ける我が子の学育を致しましょう。
人生の苗の時期・幼児期の学育がその後の人生を決定します。
それが今です!!

※算数と国語が出来ることが最重要です。

お父さん、お母さん、あなたの小学校時代を思い出してみてください。

小学校2年生で勉強が良くできた子と、そうでなかった子は、小学校卒業の時もほとんどその通りだったのではないですか?

という事実から「幼稚園3年間と小学校1年生終了時のこの4年間」の人材育成第一次選抜期こそが最大重要時期ということが分かります。

この「人材育成第一次選抜期」に充実した学びを提供している幼児教育こそが、スーパーピグマリオン家庭学習事業学材群です。
「2才児のさんすう」は、幼児能力開発講座第1グレードの中から「数の認識」の部分を取り出して、どうしても数の学びが入りにくいさんすう導入期にスムーズに数を認識して頂くための配慮です。
「数量感」をしっかりと定着させていただくために、指導する方は「2才児のさんすう」の本を深く読み込んで理解してから指導してあげてください。

「2才児のさんすう」を完全に終了し、「数量感」がしっかり頭に入った方は、幼児能力開発講座第1グレードに必ずお進みください。

第1グレードが終了したら第2グレードに、第2グレードが終了したら、第3、第4グレードへ必ず進んでください。

第1次選抜期の4年間をしっかりと親子で学んだその月日が、その後の人生にどんな素晴らしい成果になって表れてくるか、あなた自身が実際に体験してください。

自立心の強い子どもを育てる

自立心の強い子どもになるか、
依存心の強い子どもになるか
多くの場合、ほとんどお母さんの育て方、対応の仕方にかかっていますが、
たまに「優しすぎるお父さん」が原因の場合があります。

ピグマリオンの基本理念がなぜ「教えないで学ばせて下さい」なのかは、実はここにあります。
半世紀にわたる幼児教育専門の実践の結果、教えられた子どもたちは伸びなくなる事実を知っているからです。
教え続けられた子どもは問題と向き合った瞬間に「教えて心」が発生し、積極的に解決しようとはしません。
「難しいし、ママがして」となります。
つきっきりでたくさんの学びを教え続けた結果、勉強ができる子どもになる場合がありますが、それは「メッキ教育」です。本当の金の輝きではありません。必ずハゲ落ちます。
自ら進んで問題解決できる人材を作りましょう 問題を解くための原理を深く丁寧に指導して、問題は自分で解かせてください。
10問出して、半分を正解したら、もうOKです。ランクを上げて次へ。
高学年に優秀になっていった子どもたちの共通の言葉「先生、もっと難しい問題させて!」です。
上昇しようとする自立心を養成してあげてください。
伊藤先生
ピグマリオン

ピグマリオン学習研究所所長
伊藤 恭

  • 幼児教育家
  • ピグマリオン学育メソッド 開発者
  • ピグマリオン学育研究所 所長
  • (社)創造的教育協会理事長
  • (財)日本スリランカ経済交流財団理事長
  • 浜学園はまキッズ顧問
  • スリランカ民主社会主義共和国名誉領事
  • KAATU国際大学 教育学部学長 など

心と能力を同時に育てる独自のピグマリオンメソッドを構築し、幼児から小学校低学年教育に驚異的な成果をあげている。
灘中合格者日本一の浜学園が運営する幼児教育部門「はまキッズ」の学具・学材・カリキュラムは、伊藤の提供である。
また、全国800ヶ所以上の教室を持つパズル道場の空間把握理論は伊藤の提供であり、パズル道場最高顧問を務める。

ピグマリオンの特徴

ピグマリオンは人類の知識獲得の歴史に沿って、指先能力→空間能力→図形能力→数論理能力→言語能力という順番で脳を刺激していくことで社会性・人間性を育てていきます。

【ピグマリオン学育で身に付く能力】

成長の木
指先能力
サル以上の哺乳類しか持つことのできない特殊な能力です。
第六感覚といわれる重要な能力であり、知能の発達に深くかかわっています。
自立心育ての基礎です。
空間能力
観る力は、頭の切れ味、思考力、創造力に深く関係する能力です。
前後、左右、上下の三次元空間を把握できる能力の育成です。
静かな精神・全体注意力を育てます。
図形能力
図形能力は、人類がこの世を捉えるために考え、創りあげた能力です。
学習によって得られる後天的な能力ですので、適切な刺激がなければ育ちにくい能力です。
図形把握能力から、合成分解能力、全体注意力、思考力、創造力などの基本知力を養います。
数論理能力
現実を数量的に把握するのが数論理能力です。
手や目で数えたり筆算も教えなければ、90%以上の確率で幼児期に100までの加減暗算能力が育つでしょう。
思考力、創造力、問題解決能力を育てます。
言語能力
現実を言語的にとられるのが言語能力です。
自分でみて、自分で感じ、自分で解釈したことを言語的に表現することです。
コミュニケーション能力を高め、人間性を高めます。
楽しくて面白いピグマリオン

ピグマリオンのレッスンは、子どもにとって、楽しくて面白くて、能力を伸ばせるレッスンです

だから、こんな成果になるのです!

プリント学材01
プリント学材02
プリント学材03

もっと見る

今までに、いろいろな生徒に出会い、彼らから実にたくさんのことを学ばせてもらいました。
恐ろしいくらい賢いといわれた子どもたちも、たくさんいます。

2時間もかけて通ってくる、Sちゃんは
3才児の頃には、漢字交じりの文章を読んでいました。
3才のM君
184カ国全ての国旗や日本の都道府県名や平野や山脈や川などを全て覚えていました。
3才児でも、20までの数を本当に理解できることを教えてくれたOちゃん
この子は、年長児の頃には、すでに、小6の算数能力を持っていました。
現在小2のH.N.君
分数をはじめて教えた30分後に、分母の違う分数の加減を暗算で解いたのは、
年長児の頃でした。現在は、国立・私立中学入試用の小5用の難問集を解いています。
小2のS.K.君
京都で1番名門と言われる私立小学校で、入学以来全数科すべてダントツの1番です。

素敵な子どもたちの共通点

素敵な子どもたちの共通点

抜群の成績をおさめている素敵な子どもたちの共通点

子どもたちの共通点

ピグマリオン学育は、お子様が自発的・自立的に「学ぶ」力を身につけることに主点を置いているからこそ、高い成果につなげることができるのです。
学材のページにてサンプルをご用意しておりますので、まずは実際にお試しください。

学材見本

学材見本

各学材ごとにプリント学材の見本を掲載しています。ダウンロードしてご利用ください

学材見本はこちら

商品一覧

商品一覧

ピグマリオン家庭学習の全ての学材をご覧いただけます。

商品一覧はこちら

WEB資料

スーパーピグマリオン教室
WEB資料

ピグマリオン教育について、学具・学材の紹介などを掲載しております。
教室用の学具、学材を一部使用しておりますのでご参考になさって下さい。

WEB資料はこちら